クレジットカード選び

クレジットカード選びのウラ技

クレジットカード選びにはウラ技があります。もちろん選ぶときには年会費、ポイント還元率、海外保障などチェックするのはもちろんですが、現在は電子マネーなどの組み合わせなどもチェックして選ぶようにしましょう。

 

電子マネーにはSuica、icocaといった鉄道系、Edy、nanacoなどのチャージして利用するプリペイド系、利用した分を後払いできるポストペイ系といったものがあります。クレジットカードがこれらに対応していたとしても、自分が普段利用するお店などが電子マネーに対応していなければ意味がないということになってしまいます。自分が普段利用するお店、そこで利用できる電子マネーからクレジットカードを選ぶというのが重要でしょう。

 

またプリペイド型の電子マネーにチャージポイントがつくクレジットカードもあります。頻繁にチャージする人なら、なおさらチェックしておくポイントと言えるでしょう。

 

他にも国際ブランドと一口に言っても、加盟店はVISA、マスターカード、JCBの順に少なくなっています。海外では場所によってはJCBが使えないところもあるなど、自分がどういったところで利用するのかもあわせてチェックする必要があるでしょう。

 

量販店やコンビニなどでクレジットカードをよく使うという方には、ポイントを貯まりやすくする方法などもあります。これは、クレジットカードや電子マネーの組み合わせによって可能になる場合があるものです。ポイントシステムをしっかり調べておくのもクレジットカード選びのウラ技としておすすめです。

 

クレジットカードはやっぱり年会費無料!?

クレジットカードはやっぱりクレジットカード即日で年会費無料、というところにポイントを置いて選ぶ人が増えています。年会費がかからないほうがとにかくお得と考えるのは確かに間違いではないのですが、クレジットカードの使い方によってはあえて年会費がかかるところを選ぶという方法もあるのです。

 

たとえば、クレジットカードを一定金額以上利用すれば、翌年の年会費が無料というクレジットカードなら、年会費が有料の優遇を受けることができて実はお得という見方もできるでしょう。実際のところクレジットカードのスペックを見たときに、年会費無料のカード、年会費が必要なカード、さらにある程度の金額が必要なゴールドカードなどといった順に確実に受けられるサービスなどはグレードが上がっていきます。

 

旅行保険での補償などがその最たる例で、年会費無料という点だけに注目していると補償があまりにも少なくて、結局旅行前に旅行保険に別に加入したことがある経験がある方もいるのではないでしょうか。

 

また旅行先でクレジットカードを紛失した場合などのフォローの点でも、年会費が必要なカードと年会費無料のカードでは待遇が違ったということがあります。

 

クレジットカード選びのときに、年会費無料を最優先して決めるということでもよいのですが、そこだけに注目するのではなく少し他のスペックも比較してみるのもよいでしょう。選択肢を広げることで自分にピッタリのカードが見つかりやすくなる可能性が高くなります。

ucのクレジットカード

ucクレジットカードには45種類あります。たくさんあるとどれを選んでよいのか分からない、という方もいらっしゃるでしょう。

 

スタンダードなuc一般カードにはブランドはVISA、マスターカードがあります。さらにゴールド、保険をセットにしたセレクト、半透明のファッショナブルなトランスルーセントなどもあります。

 

アシアナ航空との提携カード、PiTaPaを使えるKIPS、京急急行電鉄提携カード、ビックカメラとの提携カード、みずほマイレージクラブカード、関西学院同窓会との提携カード、慶應義塾との提携カード、三省堂書店との提携カードなど、ライフスタイル、クレジットカードを使うシーンなどに合わせて選べるようになっています。

 

もちろんこれだけでは選べませんので、ucのサイトにはぴったりカード診断があります。住んでいる地域、利用する航空会社、趣味、よく使う交通機関、よく行くお店などからピッタリのカードを選べるようになっています。

 

診断以外にも、年会費がかからない、ポイントが永久不滅、発行までの日数、旅行の時に使いやすいといったそれぞれのカードの特徴から検索するという方法もあります。また、特典があるものやキャンペーンが行われているクレジットカードを検索して選ぶこともできます。

 

ETCカードやiD、UC QUICPayなども年会費無料でも申し込み、利用することができます。スペックもきちんと確認して、どのクレジットカードに申し込むかを決めるようにしましょう。